母の日の行事とプレゼントについて

category01

ゴールデンウィークも過ぎた5月の第2日曜日といえば、日本では知らない人の方が少ない「母の日」です。

日ごろの感謝の気持ちを込めて、毎年この日には母親にカーネーションをプレゼントしている、という人も少なくありません。

なぜ、この日にカーネーションを贈る習慣があるのかはそれほど知られていませんが、一説には今から百年以上前のアメリカのある教会で配られたことから始まったと言われています。

母の日情報ならこちらをご利用ください。

日本でもこの母の日には、切り花や鉢花のカーネーションをプレゼントする人が多いため、5月が近づくにつれて花屋や園芸店はもちろん、スーパーマーケットの店頭などでも、カーネーションが並びはじめます。



このような贈り物用のカーネーションの色は赤が最も多く、人気がありますが、ピンク色もそれと同じくらい人気です。

出回る数は赤やピンクに比べると少なくなりますが、黄色やオレンジ色・紫色をしたものもありギフトとして選ばれています。このように母の日というとカーネーションを贈る日というイメージが強く、この時期の花屋や花売場は混雑しますが、「花より団子」という言葉があるように人によっては花よりもスイーツのような食べられるものが良いと考える人もいるようです。そのような場合には、世の中の習慣に合わせて花を贈るよりも受け取る人の希望に合うものを贈るのが良いかもしれません。



また、花や食品以外のものでは、身につける衣料品や皮小物・化粧品なども人気があります。

母の日の対策方法

category02

歳を重ねて大人になっていくと一人で成長してきたように錯覚してしまいがちですが、母親が苦しみながらも一生懸命産んでくれたからこそ自分の存在があることは忘れてはいけません。幼い子どもが健康で元気に成長していけるようにたくさんの手間と愛情をかけて育ててくれた時間は、大人になればなるほど素直に感謝できなくなるものです。...

subpage

母の日の特徴紹介

category02

専業主婦の場合は外では働いていませんが、毎日家族が気持ちよく家で過ごせるように、家事を行ってくれています。大家族の場合は、母親一人で家事をすべてこなそうと思うと、かなりの重労働になるのは間違いありません。...

subpage

母の日の注目情報

category03

母の日は一年に一回は訪れる日で、ゴールデンウィークが終了しての5月の第二日曜日が該当することになります。その起源は母想いの女の子が5月の第二日曜日に亡き母に対して、カーネーションの花を贈ったことが始まりで、世界的にも普及するほどの習慣です。...

subpage

母の日のよく解る情報

category04

母の日はアメリカから始まった記念日で、毎年5月の第2日曜日に制定されています。1914年にはアメリカで法律として施行され、徐々に世界的にも拡大していきました。...

subpage