船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2022年8月31日

水上バイクに乗りたいなら特殊小型船舶免許

水上バイクを新たな趣味にしたいと考えている方は必見です。まず必要になってくるのが、特殊小型船舶免許です。これは1級2級の小型船舶免許とは別です。芸能人ですとタモリさんや加山雄三さんや大野君というのが船舶免許を持っていますが、特殊の小型船舶免許とは別です。

船でのクルージングや釣りということではなく、純粋に水上バイクに乗るための免許です。後ろに乗せてもらうのであればだれでもできますし、マリーナであったり沖縄などのスポットでもアクティビティーで用意されていますのでまずはそこで体験をしてみるのもお勧めです。後部座席であっても乗ったことがある方はわかると思いますが、そのスピード感は素晴らしいです。高速道路を車で走るのとはまた全然違う体感速度ですし、スリルもあれば刺激も強いです。

病み付きになる方も多いですし、今度は自分で操縦してみたいということでしたら、免許取得について情報収集をしていきましょう。この免許は2日間で取得出来るコースが一般的です。費用は6~7万円で学科と実技講習を行って2日目に試験と身体検査です。合格すればその日のうちに免許を交付して貰う事が出来ます。

スピーディーな行程となっていますし、すぐに取りたいということでも其れが可能です。水上バイクは新品で2~300万円します。そこからさらに維持費やメンテナンス費用、ランニングコストも掛かりますのでそれを考慮して購入しなければなりません。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です