船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2022年9月3日

イチオシの小型船舶免許とは?

小型船舶免許は大きく分けて、1級2級の小型船舶免許と特殊小型船舶免許とあります。言葉通り1級2級の小型船舶の免許は、小型船舶の操縦が出来る免許です。この1級と2級の違いはなにかというと、進める海里の違いです。より遠くまで行きたいということであれば1級が必要になります。

どれぐらい違うのかというのは、サイトなどで確認してみてください。船の大きさは同じですし、海里の違いと覚えておくと良いです。免許の難易度としては、技能的な所も1級の方が難しいですし、学科も少し専門的な所も出てきますのでいきなり1級を受けるよりも、2級から受ける方の方が多いです。其れでもごく稀ではありますが、1級にいきなり挑戦して受かる方もいますし、それが必ずしも出来ないというわけではありませんので1級をチャレンジするのもありです。

水上バイクを操縦したいということですと、特殊小型船舶免許です。これは今までの1級2級の免許とは別になりますし、それを持っていても水上バイクの操縦をする事は出来ません。気軽に乗れるという水上バイクの方から取っていくのも良いでしょう。ちなみに水上バイクは購入すると2~300万円かかりますが、たとえ買えたとしてもそれ以外のランニングコストもかなりかかります。

停泊料金というのも見据えて購入しなければなりませんし、それが無理ということでしたらレンタルも手段に入れていくと良いでしょう。気軽に乗ることが出来ます。小型船舶免許のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です