船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2022年9月6日

小型船舶免許の取得を検討しているのならば

小型船舶免許の取得を検討しているのであれば、独学で国家試験を受験するよりも免許スクールを利用した方が効率的です。確かに独学でも学科試験に対応することが可能で、コストも抑えることができます。しかし実技の練習ができないため最終的な合格を勝ち取るのは困難です。スクールに通えば学科だけでなく実技もプロの指導を受けて効率的に実力を養うことができます。

なるべくコストを安く抑えたい場合には、学科のみを独学で受験し実技はスクールを利用する方法もあります。小型船舶免許を取得しようと考える多くの人びとが、スクールで講義を受けて国家試験を受験しています。一方で小型船舶免許には登録小型船舶教習所の修了試験に合格する方法も存在します。修了試験に合格すれば国家試験が免除されるので効率的です。

これらの試験の難易度には大きな違いがないため都合のよい方を選ぶことになります。多くの人びとがスクールを選んでいるのは、施設の数が多く利用しやすいのが主な理由です。登録小型船舶教習所は施設数があまり多くないため、気軽に利用できない場合があります。スクールは施設数が多く日本中どの地域でも気軽に利用できるのがメリットです。

小型船舶免許は難易度がそれほど高くなく、スクールや登録小型船舶教習所を利用すれば短期間で取得できます。例えばジェットスキーを操縦するために必要となる特殊区分は、スクールならば学科も実技も半日が講習時間の目安です。登録小型船舶教習所では学科が6時間以上、実技は1.5時間以上が教習時間の目安とされています。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です