船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2022年9月15日

小型船舶免許はどれぐらいでとれる?

色々な免許や資格が日本にもありますが、例えば小型船舶免許というのも今注目されています。1級2級と特殊という分類がありますが、1級と2級の違いは進める海里の違いです。遠くまでクルージングしたい時には1級を取る必要があります。1級は4日間の教習で2級は2日間の教習を受けなければなりません。

またもし認定されている教習所ということであれば、試験を免除されることになりますのでスムーズです。多くの方はそのシステムを利用していますし、手続きなど面倒なことも教習所に任せることが出来ます。特殊小型船舶免許の場合は、2日コースの設定が多いです。すぐにとれますし、思い立ってから申し込めば2日後には取れます。

しかも学科は自分出仕上げていくことができるのであれば、学科の講習をカットをすることも出来ますので、1日でとれることになります。実技講習は必須で、後は試験と身体検査です。学科の内容は基礎的な事だけですし、試験もマーク式ですのでとても簡単です。難易度的にも高くはありませんし1回での合格が多いです。

特殊小型船舶免許を取得したことで、水上バイクを操縦できるようになりますし、それは新しい趣味にもお勧めです。兎に角スピード感が違いますし、爽快感や臨場感、刺激も強いというのがポイントです。購入する必要はありませんし、レンタルのサービスを利用すれば結構気軽に乗ることが出来ますので、まずは免許取得からスタートしましょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です