医療機関の資金調達にはファクタリングがおすすめ

医療機関が保険診療を行った場合、その費用は原則として患者が3割、保険証の発行者たる保険者が7割を負担します。

最先端のおすすめのファクタリングってとにかくお勧めなんです。

このうち患者負担分は医療機関の窓口で直接支払われますが、保険者負担分はレセプトすなわち診療報酬明細書を作成し、1か月分をまとめて各保険者に翌月請求します。



そして入金はレセプトの審査を受けた後に行われるため、さらにその翌月以降となります。


つまり、保険診療をメインにしている医療機関は、サービスを提供してもその対価の約7割は2か月あるいはそれ以上待たないと手にすることができません。しかしその間にも、人件費や薬剤の仕入れなどで恒常的に費用が発生します。

そのため、時には資金繰りに詰まってしまうこともあります。
このような場合におすすめなのが、ファクタリングと呼ばれる資金調達法です。

これは、すでに請求を終えたがまた入金されていない診療報酬の債権を、専門の事業者に売り渡す代わりに現金を受け取れるというサービスです。



事業者は額面の一部を割り引いたうえで代金を支払い、後日債権を回収します。

その差額が手数料となります。

ファクタリングは民間企業が売掛債権を現金化する手段として広く使われていますが、医療機関にもおすすめできます。診療報酬の入金スケジュールは保険者ごとにあらかじめ定められているため、特定の医療機関が資金繰りのために早めてほしいと願っても実現は困難ですが、ファクタリングを利用すれば手数料はかかるものの同等の効果が得られます。
したがって、短期のキャッシュフローを改善するのにおすすめの方法であると言えます。