なぜ医療機関にファクタリングがおすすめなのか

病院やクリニックなどの医療機関は公共性の高い施設ですが、公立病院を除けば経営的には自立しているため、設備投資などの際は自ら資金調達を行わなくてはなりません。

しかし十分な事業実績がないと、融資によって資金を得るのが難しいことがあります。

そんな時におすすめなのが、ファクタリングというサービスです。

おすすめのファクタリングの有益な情報をお届けします。

これは、事業者が保有する債権を第三者に売却してその対価を得るというものです。
一般企業の資金調達法として普及が進んでいますが、医療機関も利用可能です。
見方によっては、医療機関こそ利用するのにふさわしいサービスであるとも言えます。



医療機関にとってファクタリングがおすすめな理由は、医療保険制度の仕組みにあります。

保険診療を行った場合、わが国では高齢者を除いて患者が3割、保険者が7割の費用を負担しますが、このうち保険者負担分はレセプトと呼ばれる請求書を作成し、1か月分をまとめて翌月に請求します。

そして支払いはさらにその翌月以降です。
そのため、保険診療を扱っている限り医療機関には一般企業における売掛金と同じような性質の債権が常に発生します。

つまり、ファクタリングを利用できる機会が常に存在することになります。

また、医療機関における売掛先すなわち診療報酬の請求先は、政府や健康保険組合、あるいは国民健康保険を運営する地方自治体などです。

簡単に言えば「倒産のおそれがない取引先」ということになり、ファクタリングのサービス事業者も安心して債権を買い取れます。
これも医療機関にファクタリングがおすすめな理由の1つです。