船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2022年9月24日

新たな趣味のための小型船舶免許

人生は1回だけですし、いかに楽しめるか、そして新しいことにチャレンジ出来るかもポイントです。謳歌出来たと後で思えるように、色々な事に挑戦していきたいものです。例えば船を操縦するというのも、皆が出来る事ではありません。小型船舶免許が必要になりますので、まずは免許を取得することに関する情報収集から入っていきましょう。

1級2級と2種類ありますが、どこまで行けるか海里の違いです。2級の方が難易度は低いですし、2日間の教習で試験へ進みます。1級の方は4日間の教習で、もし国から認定されている教習所であれば試験は免除されて教習だけでOKです。そのため合格率が高いというのもあるかもしれません。

1回で取得される方がとても多いのが特徴ですし、挑戦する価値が有ります。2級をまずとる方がほとんどですが、技能面で自信がある方は1級にいきなり挑戦するのもありです。現に1級にいきなり挑戦して取得出来た方もいますので、まず挑戦してみる事でしょう。さらに水上バイクの操縦をしたいということでしたら、特殊小型船舶免許が必要です。

この免許は2日間コースで取得出来るのが定番です。費用は6~7万円といったところで、合格すれば即日免許交付をしてもらうことが出来ます。水上バイクは後部座席であればだれでも乗ることが出来ますが、操縦に関しては免許が必要になりますので、これから趣味にしたいという方もまずは特殊小型船舶免許からスタートです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です