船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2022年10月6日

船舶免許を安く取得するには

船舶免許を取得するには、スクールで実施している学科と実技の講習を受けることがもっとも確実な方法です。国内には小型船のための免許スクールが多く開講しています。もし、自宅周辺にスクールがなかったとしても、関西関東一縁に展開している学校に短期間入校する方法があります。日数にして2~3日なので、滞在費用を考えても大きな負担にはなりません。

とはいえ、国家資格である船舶免許の試験にはかなり費用がかかります。陸上の普通自動車免許に相当する2級船舶免許で考えてみましょう。まず身体検査費用に3450円、それから学科試験に3550円が必要です。加えて実技試験の18900円に、合格後の登録料の1800円を含めると合計で28300円が必要です。

その上スクールに入会して試験の準備をするとなると、総額が10万円近くなることもあります。この出費をできるだけ少なく抑えるには、試験の準備を独力で進めるのがいいでしょう。学科試験はテキスト問題を学習することで対応できますし、もともと船舶免許は90%以上が合格する低難度の試験なので、教則本をしっかり理解すれば問題無く挑戦できるのです。ですが、実技試験となると少し自信の無い人もいるかも知れません。

実際に船を動かして練習することができないからです。そこで、実技コースのみスクールを利用することで、受験料の節約をすることをおすすめします。実技試験は不合格になった場合再試験のためにもう一度受験料の納付が必要です。一度で確実に合格するには、航海技術は専門家に教わるのが的確です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です