船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2022年10月9日

アワビ漁で役立つ船舶免許の種類

海産物は日本では数多く存在をしており、北海道から沖縄県でも毎日数多くの種類が水揚げをされています。北海道ならウニや利尻昆布が有名で、そのまま食べるのはもちろんのこと佃煮や寿司にして食べる方も多いことでしょう。沖縄県だと海ブドウが有名で、酢につけて食べるのが特徴です。なかには高級な食材もあり、非常に希少性が高いことで漁師の間でも決まった期間しか漁が許されていないものもあります。

そのひとつがアワビで、おもに三重県の伊勢志摩地方でしか漁をされていません。そこでここでは、このアワビ漁をするのに役立つ船舶免許をご紹介しましょう。2人1組のペアで業務をするのが基本で、大半が夫婦でおこなわれています。海女と呼ばれる女性が白い木綿の装束を身にまとって、船舶から海中へと潜って水揚げをされます。

日本伝統の漁法であり、観光アクティビティーとして志摩地方でデモンストレーションを目にすることも可能です。使用する船舶は小型のモーターボートになっており、必要な船舶免許は小型限定です。120cc程度の簡易エンジンを備えており、時速20キロメートルノットの速度で移動をすることができます。小型船舶免許の場合、専門スクールで講習を受けるだけでライセンスを取得することができます。

4時間程度の学科講習しかなく、特別な試験を受ける必要もありません。アワビ漁に挑むときは、モーターボートを用意して素潜りの地点まで移動をするだけです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です