船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2022年10月21日

趣味のために船舶免許を取ろう

最近のアウトドアブームによって、海や湖でフィッシングスポーツ楽しむ人達が増えました。フィッシングスポーツは陸で行うのも面白いですが、船上でやるのもまた雰囲気が変わっていいものです。そういった船釣りは、地元の乗り合い船を利用する以外にも自分で船を操縦して行うことができます。乗り合い船は自分で操縦する必要がないのでその分楽ですし、同じ釣り人と情報交換しながら釣りができるのでその分退屈しなくてすむというメリットがあります。

そういった気楽さやコミュニケーションが楽しいと感じる方には、その方がいいのかもしれません。しかし乗り合い船は、時間的な制限がある上に釣りに使う餌に制限があるなど、意外にもルールが多く息苦しさを感じるのも事実です。そんなやり取りに煩わしさを感じる方にとっては、ややストレスになってしまうこともあるでしょう。船舶免許があることで、こういった乗り合い船にありがちな面倒な制約が一切なくなります。

自分でチャーターした船を操縦して好きな時に好きなタイミングで釣りに出かけられるので、時間のある限り好きなだけ楽しむことが可能です。船舶免許を取るというと難しいことのように思えますが、実際は数日間の講習と試験を受けるだけなのでとても簡単です。学科に至っては最近はオンラインで受けられるケースも増えていて、その分無駄なく時間を使うことができるようになりました。車の免許ほどハードルも高くなく気軽に受けられるので、機会があったら一度船舶免許にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です