船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2022年10月24日

船舶免許を取得する際に知っておくべきこと

船舶免許は用途によっていくつかの種類に分類されます。川や湖だけで船舶に乗りたい人は、2級を取得すれば可能になります。水上バイクやジェットスキーに乗るには、特殊小型船舶免許を取得する必要があります。操縦が可能なボートの大きさは1級でも2級でも同じになりますが、全ての海域で乗れる1級に対して2級では航行できる区域が限られます。

国土交通省に登録している教習所ならば、国家試験が免除されるので資格が取りやすくなります。国の認可を受けた教習所で全国展開をしているところもあるために、どこの地域の人でも気軽に通えます。自分の住んでいる地域から通いやすい場所に教習所があるかどうかや、どの種類の船舶免許を取りたいのか事前に把握しておいたほうが良いでしょう。信頼できる教習所を選択することで、プロによる指導を受けられたり、納得できるまで教えてもらえます。

過去の卒業生の数や意見を参考にするのも良い方法で、しっかりと判断してから資料を請求するべきです。ボート免許が取れる年齢が定められていて、1級は17歳と9か月、2級や水上バイク免許は15歳9か月になるまで取得できません。1級でも2級でも短期間で資格を取得することが可能で、2~4日あれば船舶に乗れます。国土交通省の登録機関ならば、法律で決められたカリキュラムに沿って授業が行われます。

初めてボートや水上バイクの免許を取る人は、実技教習の内容を事前に詳しく知っておくことが大切です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です