船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2022年11月3日

船舶免許が活躍する場面について

船舶免許を取得しなければ総トン数が20トン未満の小型船舶を操縦できません。免許を取得せず小型船舶を操縦すると違法になってしまいます。それほど難易度は高くないので、予算やスケジュールなどを考慮し自分に合った方法で船舶免許を取得するとよいでしょう。この免許には一級と二級、特殊の3区分がありますが基本的な取得方法は同じです。

国家試験に合格するのが一般的な方法ですが、登録小型船舶教習所の修了試験に合格する方法もあります。全国に多くの施設がある免許スクールを利用して国家試験を受験するのが一般的な方法です。総トン数が20トン未満の小型船舶を海岸から5海里を超えて操縦するには一級が、5海里以内で操縦するには二級の普通免許が必要になります。湖や河川で総トン数5トン未満、エンジン出力15キロワット未満の船舶を操縦したい場合は二級の湖川小出力限定免許が必要です。

海岸や湖岸から2海里以内でジェットスキーを楽しみたい場合には、特殊免許を取得します。国家試験には学科と実技があり、前者は独学でも対応可能ですが後者の練習ができません。独学で受験したい場合には実技だけは免許スクールで指導を受けるのが通常です。例えばスクールを使って特殊免許を取得する場合、学科と実技のいずれも半日が講習時間の目安とされています。

登録小型船舶教習所で教習を受ける場合も学科が6時間以上、実技は1.5時間以上が目安です。その他の区分の船舶免許も、これらの施設を使えばそれほど時間をかけずに取得できます。船舶免許のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です