船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2022年11月6日

船舶免許の取得方法は3種類

船舶免許の取得方法は、免許スクールに通う・登録小型船舶教習所に通う・独学で学ぶという3つの方法があります。免許スクールに通う方法は、全国にある免許スクールで学科と実技の講習を受け、船舶免許の国家資格試験を受けるというものです。免許スクールによってカリキュラムや日程は異なり、ライフスタイルに合わせてスクールを選ぶことができます。登録小型船舶教習所に通う方法は、免許スクールと同様に学科と実技の講習を受けることに変わりはありませんが、去就所で免許取得の試験が受けられる点が異なります。

国土交通省から認可されている教習所は、講習を修了した後に修了試験にパスすれば、免許が交付されるのです。講習で使ったボートを使って実技試験を受けるため、操作に戸惑うこともありません。独学で学ぶ方法は、市販の参考書で勉強したり、動画サイトなどで実技に関するものを見たりして試験に備えます。ただし、実際にボートに乗って学ぶ方が習得しやすいため、実技だけは免許スクールや教習所で受けることをおすすめします。

実技の実習は4時間ほどであるため、1日あれば修了することができるでしょう。このように、船舶免許には色々な取得方法がありますが、リラックスして受験できるのは登録小型船舶教習所だと言えます。コースの種類も多く、仕事で週末でしか通えない人向けに週末に集中して通えるコース、平日に少しずつ学べるコースなどがあります。自分に合う方法で取得を目指しましょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です