船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2022年11月9日

船舶免許取得には2つの方法があります

船舶免許を取得したいとなった場合には、2つの方法の中から、自分に見合った方法を選ぶことになるでしょう。船舶免許を取得する方法は、国家試験の会場で国家試験を受ける受験、そして教習所の教習を受けることで国家試験が免除となる免除コースも2つに分けられます。このうち受験コースと呼ばれるものは、自分自身で独学で勉強したり、教習所を受講した上で国家試験を受験するコースに当たります。教習所は大きく分けると、免除される子子と受験するコースに分かれていて、受験を選んだ場合には国家試験を受験する必要があります。

国家試験会場は全国に散らばっていて、日程が決められているので、その日程の中から自分で選択します。国家試験を受けるのであれば、身体検査と学科、実技の全てを1日で行うことになるでしょう。取得までにかかる日数は個人差があるものの、独学の場合には一番難易度が低い船舶免許であれば1から2週間程度、1番難易度の高い一休の場合には1ヵ月程度を見ておくと良いです。取得までの費用は手数料と免許の発行に必要となる登録免許税、その他に教本を購入したり受講料を支払う料金があります。

特殊小型船舶免許の場合には、試験の手数料は2万2750円で、登録免許税は1500円です。1級となると手数料が2万8950円に上り、登録免許税も2000円に上がります。一方で免除コースは、教習所を受講して習得を目指すものです。学科と実技を修了すれば、国家試験が免除されるのです。

取得までには最短で2日ほどで取得することができるでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です