船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2022年11月12日

船舶免許は安易に取得してはいけない

船舶免許は最短2日で取得できるため、簡単に得ることができる免許であると思われていることが少なくありません。しかし実際には取得した後で様々なトラブルを発生させる可能性があることから、船舶を操縦する際には十分に注意をして行うことが大切です。近年では水上バイクやジェットスキーを掃除をしたいと船舶免許の取得を希望する人が増えています。これは特殊小型船舶免許を取得することで掃除をすることができるものですが、自動車の小型特殊と勘違いして通常の船舶免許を取得することで操縦することができると考えている人も少なくありません。

実際にこの免許を取得し操縦を行おうとする人もいますか、この場合には無免許となり、法令で処罰されることになるため十分に注意が必要です。水上バイクやジェットスキーは比較的海岸の近くで利用することが多く、そのため通常の船舶とは比較にならないほど海水浴客等と接触する危険が伴うものです。そのため法令を遵守し禁止区域には絶対に侵入しないばかりでなく、常に注意をしながら掃除をすることが大切です。また水上バイクやジェットスキーは通常の船舶とは異なりバランスを保つことも難しいので、免許を取得したからといって熟練度が低い状態でこの付近を孝行することも非常に危険です。

十分に安全な場所で練習をしてから、操縦することが大切になります。船舶免許はこれを取得することによって様々なマリンスポーツを楽しむことができるものであり、非常に人気が高くなっています。安全に利用することを意識して利用することが、大切なポイントです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です