船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2022年11月21日

自動車運転免許よりも簡単な船舶免許

船を自分で運転するためには、船舶免許が必要です。運転と聞くと、自動車の運転免許を取得する人は多いです。同じようなイメージを抱く人もいますが、中身は意外なほど違います。自動車の運転免許の取得には、一般的にかなりの長い時間がかかります。

数ヶ月から半年をかけて教習所に通い、いくつかの試験をパスしなければ免許が取れません。しかし船舶免許は、もっと短期間で取得することができます。最短2日間あれば、免許の取得が可能です。1日目に講義を受けて、2日目に試験といった流れです。

ただ、1日目の勉強だけで合格ができるほど甘くはありません。参考書などを基にして、事前に勉強をしておく必要があります。ただ、自動車の免許ほど難しくないのは確かです。合宿で手っ取り早く取ろうとしても、車の免許は最低でも2週間程度かかります。

その間は試験の内容と向き合いひたすら勉強をしなければならず、船舶免許とはかなりの違いがあります。割と簡単に船舶免許が取得できるからといって、油断は禁物です。海は広いので、船同士がぶつかりそうになる機会が自動車と比較してかなり少ないです。しかし本当に事故となると大事なので、細心の注意をしながら運転をする必要があります。

車と違って急ブレーキなどはできないため、周りをしっかりと見ながら慎重に船を運転をする姿勢が求められます。常に余裕を持って運転をすることが、船舶免許を取得した後に船を操縦するポイントです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です