船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2022年11月24日

船舶免許の取得難易度について覚えておこう

これからエンジンが付いた小型船舶を操縦したいと思ったのであれば、国家資格でもある小型船舶操縦免許を取得しなければなりません。この船舶免許を取得するためには、身体検査を始めとし、学科と実技の試験の全てを合格しなければなりません。これによりようやく船舶免許を取得することができるのです。国家資格と聞くと、やや難しいのではないかと思う人も多いかもしれませんが、どちらかと言うと船舶免許は取得しやすい資格に当たります。

船舶免許といっても様々な種類のものがありますが、取得難易度は資格内容によっても異なります。その中でも1番取りやすいとされているものが、水上バイクの操縦免許です。正しくは特殊小型船舶操縦士と呼ばれるものですが、マリンスポーツを趣味にする人からは非常に高い人気を集めています。水上オートバイ免許と呼ばれることもありますが、受験可能となる年齢は36歳からです。

学科試験の内容の9割程度が、過去の試験から出題されています。このようなことから難易度はかなり低く、独学でも十分に取得することが期待できるでしょう。2020年の合格率を例に挙げると、なんと96%以上を誇ります。過去問題を繰り返して解くことにより、十分に習得することができるでしょう。

そして1番ベーシックなものが2級小型船舶免許と呼ばれるものです。20トン未満のボート、24メートル未満のプレジャーボートを、誤解裏の範囲で掃除をすることが可能です。実技試験は車の免許を所有している人にとっては難しくないものであり、学科試験では基礎的な問題がほとんどです。こちらも2020年の合格率が97%以上と、多くの人が合格しています。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です