船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2023年1月3日

船舶免許を取得する時の主な流れ

船舶免許を取得したいと考えるのなら、まずはその種類を知っておかなければなりません。1級小型、2級小型、湖川小出力限定免許、特殊小型の4種類があり、乗り物の大きさや排気量等で区分けされている自動車バイクとは異なります。海や川や湖といった操船場所、陸からの距離で区分されます。ちなみに陸からの距離はメートルではなく海里という表記です。

これらのことを踏まえて、それぞれの目的や用途に合わせた船舶免許を選ぶことが重要です。取得方法はいくつかあり、免許スクールに通うのも一つの方法です。学科講習と実技講習を経て国家試験を受験します。免許スクールでは国家試験に合格するためのカリキュラムが用意されており、その内容にそった講習が行われています。

比較的短期間で船舶免許を取得できる方法ですので人気です。他にも国家交通省に登録されている小型船舶免許教習所に入る方法があり、学科と実技の工数を受けた後に国家試験と同等の内容の修了試験を教習所で受験し、合格すると取得できるという流れです。教習所等に通うのが難しい場合には独学で勉強をして取得しようと考えるかもしれませんが、一部は教習所等に行かないとできないものがあります。学科試験の項目は独学でも勉強することが可能な範囲であり、この部分の対策は一人でもできます。

問題は実技の方であり、実際の船の乗船して講師から指導を受ける必要がありますので、実技だけは独学ではどうにもなりません。船舶免許のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です