船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2023年1月9日

船舶免許を更新する時に気を付けたいこと

船舶免許を更新する時に気を付けたいこととして、更新講習を受けたい時には前もって予約が必要です。更新講習の開催スケジュールを確認し、都合の良い日時を選んで予約を入れます。講習終了後にその場で更新講習修了証明書と身体検査証明書が手渡されますので、そのためには事前に書類を送付しておかなければなりません。少なくとも講習を受ける5日前までには必要な書類の送付を済ませる必要があり、その中には現金が含まれますので現金書留で送ります。

必要書類として提示されているものですが、受講等申請書と小型船舶操縦士免許証のコピー、証明写真、講習受講費用があります。また、船舶免許を紛失してしまった場合には運転免許証等の身分証明書のコピーと本籍地記載の住民票のコピーが必要であり、本籍地及び氏名に変更がある場合にも本籍地記載の住民票のコピーを提出しなければなりません。更新の手続き自体は有効期限の1年前から行えますので、これらの必要なものを早めに準備して送付できるようにすることが大切です。船舶免許の更新のために実施される身体検査ですが、視力や色覚、聴力がチェックされます。

疾病及び身体機能の障害に関する検査も行われ、万が一異常が認められれば講習まで進めない可能性もあります。当日は本人確認のために小型船舶操縦士免許証を持参し、紛失してしまった場合には運転免許証等の身分証明書を持っていく必要がありますので、忘れずに携帯しましょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です