船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2023年1月21日

船舶免許を更新中に注意したい点

船舶免許の更新手続きを自分で行う場合には、即日発行をしてくれる海運局を見つけて申請をすることでスピーディーに対応してもらえますので、すぐに操縦する必要があっても大丈夫です。即日対応して欲しい場合には手続き時間に注意が必要であり、16時までに済ませないとその日のうちには終わりません。受け付けている間はいつでも良いと勘違いしている人も多いのですが、即日発行の場合には締め切りが少し早いので気をつけましょう。必要な書類を用意したり手続きに向かったりと色々な手間がかかりますので、仕事等で時間を作れない時には海事代理士に依頼する方法もあります。

海事代理士に任せれば全て手続きを代行してくれますので、待っているだけでOKです。ただし、更新をする時には古い船舶免許を返納する必要があり、申請代理を申し込んだ場合には海事代理士が預かることになっているため、一定の期間は船舶免許を所持していない状態になってしまいます。所持せずに操縦すると無免許運転ですので罪の問われることになり、10万円以下の罰金が科せられます。船舶免許を所持していない期間があると困る人もいますが、その場合は返納確約申請をすることで対応できますので覚えておきましょう。

どのようなシステムなのかというと、海事代理士が免許を後で反応することを運輸局に確約し、一旦古い免許を依頼者に返却して、後日新しいものが手元に届いたら改めて古い免許を返納するというものです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です