船舶免許の試験はどれくらい難しいだろうか
2023年1月24日

船舶免許の更新を自分で行うメリット

船舶免許の更新を自分で行う場合の最大のメリットは、その日のうちに新しい免許を手にすることができる点です。即日発行に対応している運輸局に出向かなければならないことと、16時までに手続きを済ませなければならないという条件はありますが、これらを満たせば講習を受けたその足で運輸局に出向いて発行してもらうことができます。船舶免許の更新をする時には、一時的に古い免許も返納して不携帯の状態になりますので、そのまま操縦したら無免許運転になってしまうため、新しい免許が届くまでは操縦できません。操縦できない期間があると困る場合には、自分でこのような流れで手続きをすることでその日のうちに更新が終わります。

少しの差ではありますが、海事代理士に依頼すると費用がかかりますので、費用面でも自分で船舶免許の更新を行うメリットがあります。ただし、仕事等で自分で出向く時間を作れなかったり面倒な書類作成を任せたいと考えるのなら、やはり海事代理士に任せるのが得策です。初めての更新で分からないことがあっても、海事代理士なら豊富な知識を持っていますので色々と教えてくれます。更新期限までまだ何か月かあって、手続きのための時間も確保できるのであれば、自分でゆっくりと更新手続きを進めるのも悪くはありません。

船舶免許を持っている人たちは、この更新作業も楽しみながら行っているケースがあります。一度体験すればその後はスムーズにできるようになりますので、知識を身につけるという観点からも一度自分で更新をしてみると良いかもしれません。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です